十二大従星 詳細

  • てんいん

    • 赤子
    • こじか
    • 現実力:6
    • 精神力:6
    • 無邪気
    • 人脈
    • 明るい

    天印星は、生命の誕生を経験した赤ちゃんの世界を表します。誰かに守られる存在であり、保護してくれる人のなすがままの状態です。何に対しても、自分の意思で抵抗することが出来ない「無垢な状態」が、最大の防衛となります。誰も赤ちゃんに対して攻撃しようとは思いません。本人が何も策を講じることなく、無敵の状態を作り出しているのです。

    天報星は無から自我が生まれていく段階であり、因果応報でいうと「因果」を作り出すエネルギーに満ちています。自分の意図しないところで無意識に周囲を惹きつける魅力を持っています。赤ちゃんがそこにいるだけで人が集まってくるように、天印星の周りには自然と人が引き寄せられます。天印星は、そんな不思議な魅力を持っています。

    純真無垢な心を持つ天印星の時代は、人望の時代とも言われ、人脈の広がりが起きやすい時です。なんとなく人に好かれたり、何となくラッキーなことが起きやすい時で、自我を出しすぎない方が何かとうまくいきます。周囲に流されながら、笑顔を武器に人生を渡り歩いて行きます。しかし、大事なことを決めるときは、自分1人で決断せず、誰か頼りになる人に相談してからの方がいいでしょう。

    天印星は、狙わなくても自然なユーモアを発揮し、何をやっても許されるようなところがあります。人から恨まれることがほとんどなく、天性の明るさと無邪気さを持っています。赤ちゃんが笑うだけで周りのみんなが幸せになるように、自分の自覚がないまま、周りの人の運命に影響を与えます。選り好みせず、どんな人とも上手に付き合っていける社交性を持っています。

    天印星の開運アクション

    天印星は赤ちゃんの星です。生まれてきたばかりの赤ちゃんに対して、家族は希望と期待を抱き、愛情を一身に注ぎます。赤ちゃんには邪心がありません。ありのまま、自分らしく振る舞っているだけで、人気者になれます。そんな天印星には「無心」「ユーモア」「人気」「和み」という意味があります。

    そんな天印星にとって大事なことは自分にとって大切な人を早く見つけることです。できれば自分より年上の人、頼りになる人がいいでしょう。どんなに人望があって人気者だとしても、赤ちゃんは1人で生きていけません。自分を守ってくれて、育ててくれる存在が必要不可欠です。自分より年下の人、経験が浅い人には期待しない方がいいでしょう。