十二大従星 詳細

  • てんこう

    • 少年・少女
    • チーター
    • 現実力:7
    • 精神力:5
    • 夢・憧れ
    • 恋愛
    • 迷い

    天恍星は少年期を過ぎて社会人になる一歩手前の時期を表します。思春期の時期、青少年の時期です。この星の時代は、人生における重要なターニングポイントであり、一番危険な時代でもあります。運命の3分の1が決定する時期なのです。そして、「夢」や「ロマン」「冒険」と言う意味合いが強まります。

    天恍星の時代では、自分の才能を大きく開花させるきっかけが生まれたり、本人の可能性にスポットライトが照らされる時期です。また、精神的な自立が進み、身内を遠ざけて友達と過ごす時間が多くなり、恋愛にのめり込みやすい時でもあります。自分を見守ってくれていた存在から距離を置き、自分の足で人生を歩もうとする時代なので、人生の道から脱線しやすくもあり、ここでの過ごし方がその後の未来を決定づける、重要な局面とも言えるのです。

    巣立ちの時代である天恍星は、今まで慣れ親しんできたものから離れて修行の道を辿ります。あるいは、自分の可能性を信じて、捨身の覚悟で夢を追いかけようとします。大成功か、大失敗か、両極端な結果が出やすい時期です。そのため、波乱が多く心に迷いや揺らぎが生じやすく、情緒不安定になる人もいるでしょう。その分、感受性が豊かになり、表現力は高まります。

    天恍星が回ってくる時代は、何かに強烈な憧れを抱きやすいため、アイドルや芸能人の追っかけに身を捧げる人もいますし、自分がそう言う存在になりたいと、オーディション三昧の日々を過ごすかもしれません。ビックになる夢を追いかけようとする人もいるでしょう。
    感受性が豊かになる時期なので、芸術的なことに興味を抱いたり、ロマンチックなものに惹かれる傾向もあります。心のドキドキを味わっていたい天恍星は恋心を抱きやすいところがあるので、すでに結婚している人は注意が必要です。

    天恍星の開運アクション

    天恍星は中高生の星と言われています。肉体的には大人でも、精神的には大人になり切れていない、迷いや葛藤が最も多い時代です。生きる意味を考えるようになったり、社会に対して反発したい気持ちも生まれてきます。理想を抱きやすいため、ロマンチックなものや精神的なものに「美」を見いだします。「夢」「ロマン」「恋」「非常識」「芸能」などの意味合いが強まります。

    そんな天恍星にとって大切なことは「できるだけ大きな夢を描くこと」です。人は皆、大きな夢を抱いた次の瞬間「私にはやっぱり無理だ」など、悲観的になったり、自信を持てずに迷いが生じやすいものです。しかし、天恍星の時代では、否定的な気持ちを捨て去り、夢を持ち続けることが重要になります。そうすることで不可能が可能になり、大きな成功を手に入れることができるかもしれません。奇跡が起こりやすい星であることを忘れないでください。